P4030965_edited.jpg

​菊池 夢美
​きくち むみ

京都大学野生動物研究センター 研究員

ごあいさつ

 大学生の頃、水族館で出会ったマナティーに一目惚れして、彼らのことを知りたくて、研究をはじめました。研究を始めるのはとても大変でしたが、マナティー目指して猪突猛進。運良くアマゾンマナティーとの縁がつながり、気づけば10年以上の共同研究となりました。  

 そして、アマゾンマナティーの研究からさらに縁がつながって、ペルー・アマゾン、メキシコ、そして、カメルーンのアフリカマナティーの研究に携わることができました。マナティー3種すべてを対象に調査をしたことがある、というのは私の個人的な自慢です。

 マナティーが好き、という単純な気持ちが、マナティーを知りたい、一緒に生きていきたい、守りたい、という思いに変わりました。そして、マナティーの調査を通して、自然や生きものをたいせつにしたい、未来へとつなぎたい、という強い気持ちが生まれました。

 マナティーの研究を発展させながら、これまでに得た経験や専門知識を活かして、楽しく続けられる学びを作っていきます。楽しい学びの中に、実は最新情報が盛り沢山。なんだかワクワクしませんか?

ご紹介いただきました

経歴

2005年3月

2007年7月

2010年3月

2014年4月

2017年6月

2018年4月

2019年4月

2022年4月

日本大学生物資源科学部動物資源科学科 卒業

ブラジル国立アマゾン研究所にて、アマゾンマナティーの行動研究をスタート

東京大学大学院農学生命科学研究科水圏生物科学専攻 

博士課程修了(博士(農学))

京都大学野生動物研究センター 研究員

一般社団法人マナティー研究所 設立 / 代表理事就任

カメルーンのアフリカ海生ほ乳類保護団体(AMMCO)とアフリカマナティー保全プロジェクトをスタート

一般社団法人マナティー研究所 理事就任